2017年03月20日

~梅は咲いたか~ (2017/3/19号)

.
hare03 今回の記事は、ちょっとマニアック。
読者の方には興味のない話かもしれませんが、自分のブログなので、好きに書かせて頂きます(*• ̀ω•́)b

hare03 今、あちらこちらで梅の花がほころんでいます。
うぷはお花の中では桜が一番好き(^-^)
でも、まあるい蕾や花びらの可愛らしさ、清々しく芳しい香りの梅は、桜とはまた違った風情や美しさがあり、梅の花も大好きです(^o^)
とは言え、たとえ満開となっても桜ほどの華やかさはなく、梅ってば控え目でちょっと地味。
咲く時期も、まだ肌寒い早春に咲くので、桜のお花見ほどの気持ちの高揚感はない感じ。
だからなのか、桜を題材にした歌はいろいろありますが、うたまっぷで検索しても、梅を題材にした歌は数える程しかありません。

そんな中、うぷは梅の木を見かけると、ついつい口ずさんでしまう唄があります。
それは、端唄『梅は咲いたか』です。

〽梅は咲いたか 桜はまだかいな
  柳ャなよなよ風次第 
  山吹ャ浮気で 色ばっかり
  しょんがいな
 
〽あさりとれたか 蛤(はまぐり)ャまだかいな
 鮑(あわび)くよくよ片想い
 さざえは悋気(りんき)で 角(つの)ばっかり
  しょんがいな

〽柳橋から 小船を急がせ
  舟はゆらゆら波次第
  舟から上がって土手八丁
  吉原へご案内

「端唄(はうた)」というのは、日本伝統の邦楽のひとつです。
でも歌の内容や演奏方法などは様々で、どこがどうなら「端唄」なのか、という条件は曖昧。
きっちりとした定義付けやカテゴリー分けはされていません、と言うか、出来ません。
だいたいがお三味線を伴奏にして唄われる短かな唄で、身近な事や世相などが粋な歌詞で表現されていています。

みなさんが知ってそうな例では、なかにし礼氏の小説で後に吉永小百合さん主演で映画化された『長崎ぶらぶら節』の「ぶらぶら節」や、八代亜紀さんのヒット曲『舟歌』の「沖のかもめに~ダンチョネ」と歌う「ダンチョネ節」などが端唄です(^-^)

端唄『梅は咲いたか』は、明治の初めの頃に唄われ始めました。
当時の花柳界の芸妓・芸者さんの恋模様を、花や貝になぞらえて粋に唄ったもの。
節回し(メロディー)も独特なので、口ずさむ…と言っても、うぷとて正確には唄えません(^-^;
お三味線の伴奏もまた独特。
唄と切り離す事ができないので、その部分も「チン」とか「トン」とかで唄います(^。^;;
ブログなので、うぷの怪しい唄いをお聞かせできないのが残念ですが、気になった方は
「端唄 梅は咲いたか」で検索すれば、動画がいろいろありますよ(^o^)b

端唄を聞くなんてこの機会以外には訪れないかもしれませんから、わずか2分足らずなので、聞いてみてはいかがですか?

うぷとしては、コメントで感想を聞かせて頂きたいところですが、多分、何ともコメントのしようがないでしょう…(^。^;
その必要があるわけではありませんが統計を取ってみたいので、聞いた方は、ブログのコメントでも「オーナーへのメッセージ」でも、うぷ個人宛のメールやLINEでも、「聞いた」とだけお知らせ頂けると嬉しいです。

hare03 こんな記事を書いたら、
「うぷさんて、一体、いくつ? けっこう、年くってるんじゃない?」
って思われちゃうかもしれませんね(-_-;
たまたま、そんな好みがあるだけです。
けっして若くはありませんが、それ程、おばさんではありません(←自称)

年の頃は、そうですね…
たまごホールのステージで司会を務めるのに支障がない程度、と言った所です…(^-^;;

2017.03.19




 それでは
    また来週~(^-^)/~ 


  


Posted by うぷ at 01:59Comments(8)今週のうぷ

2017年03月13日

~おつかれ、俺たち。~ (2017/3/12号)

.
hare03 缶コーヒー「ジョージア」のCMが気になります。
TVCM「おつかれ、俺たち。」篇:http://www.georgia.jp/cm/otsukare30sec.html

俳優・山田孝之さん演じるサラリーマンと、新井浩文さん演じる鳶職人がベンチで缶コーヒーを飲みながらお互いをチラ見、「いいよなぁ、ストレスなさそうで」「いいよなぁ、楽そうで」と心の中でつぶやきます。
でも、各々、危険な場所で作業したり不本意でも頭下げたりしなきゃならない場面を想像して、「あんた、偉いな!」と改めて思い、そして「おつかれ!誰だか知んないけど!!」と、それぞれ心の中で讃え合う…。

なかなか心あたたまるCMだと思いませんか?

たとえ一見楽そうに見えても、どんな仕事でも仕事である以上、気楽で簡単に出来る事ばかりなハズはありません。
同僚でも友人でも、たまたま隣のベンチに座った赤の他人でも、どこかでなにかで支えっているのだから、お互いを尊重し理解し合うのは大切な事だと思いっています。

でも…。


ame03 年度末が近い事もあり、今月に入ってから、仕事がにわかに忙しいうぷ…(+_+;;

普段からして、タイトな時間配分で仕事をしているので、想定外の事が起こったり頼まれ事などがあると、うぷはすぐにキャパオーバーとなってしまいます(-_-;;

想定外の事は、ホントに想定外に発生するので避けようがありません。
でも頼まれ事の方は、自分で優先順位や許容量を考え合わせ、時には断る事も必要。
それに、キャパオーバーとなっても、誰かが手伝ってくれる訳でも猫が手を貸してくれる訳でもないので、自分でなんとかしなければならないだから。
にもかかわらず、うぷの悪いクセで必要以上にあれこれ斟酌していまし、その結果、「NO」と言えなくなってしまうのです。

う~ん…優柔不断も、ここに極まれり…(-"-)


hare03 「ジョージア」のCMの最後…。2017.03.12

サラリーマンと鳶職人が、同じタイミングで缶を捨てようとして、「あっ、どうぞどうぞ」とゴミ箱をゆずり合います。

そうですね…
うぷとしては、頼まれ事も「どうぞどうぞ」と、誰かにゆずってしまいたいキモチ…(-_-;;

今週はちょっとヘタレ気味のうぷ…。

一見、「事務員かぁ…。いいよなぁ、お気楽そうで」と思われるかもしれないけど、やっぱ、それなり大変(=_=;;
ホントはうぷも、サラリーマン・山田孝之さんに、
「あんた、偉いな!」ってつぶやいてもらいたいな✨


働く主婦のみなさまへ
    今宵、うぷより愛をこめて……

「おつかれ、私たち。」



 それでは
    また来週~(^_^;/~ 
  


Posted by うぷ at 01:22Comments(6)先週までのうぷ

2017年03月06日

~バックアップ~ (2017/3/4号)

.
ame03 先週、日曜から月曜日にかけて、ブログシステム会社のサーバ故障のため、グンブロのサイト及び、おさかな通信へのアクセスが出来なくなってしまいました(+_+;;
月曜日はおさかな通信を見に来てくださる方が一番多い日、「どうしたの?」「何かあったの?」と、思いがけず多くの方にご心配をおかけしてしまいました。
ブログシステム会社に代わって、お詫びします<(_ _)>

ame03 先週の日曜日、おさかな通信の管理画面に何度アクセスしてもつながらないので「どうしたんだろう…」と訝っていましたが、夜になりサーバーの故障と判明しました。
うぷは、「ま、そのうちに直るでしょう」と高をくくり、むしろ、今夜中にアップできない良い言い訳が出来たと、内心ほくそえんでいたのですが、時間が経つにつれ、だんだんと不安になって来ました。

ホントに復旧するんだろうか…(・_・;;

そんな不安が心をよぎった途端、うぷは、ある重大な事に思い至って、慄然としました。

バックアップしていない…(゜ロ゜;)llllll

システムが復旧しても、「データが消えてしまいました」、なんて事になったらどうしよう(゜_゜;)

おさかな通信の記事は、マインドマップと書きためた手書きのメモを元に、パソコンのメール機能(wordではありません)に入力して文章にし、それからブログの管理画面にコピペして仕上げています。
だから、文章の断片のメモは残っていても、完成した文章の控えはありません。
おさかな通信の記事は、先週号までで31.5件(0.5=号外)。
どの記事も拙くて、ひとつとして満足できるものはありませんが、それでも、さして広くも深くもない脳ミソを、ほじくったり引っくり返したりし、ひと文字ひと文字、絞り出すようにして産んできたもの。
もし今までの記事が消えてしまったとしても、同じ作業は二度とできません。

以前、IT奉行・ぱれっとさんに「大事なデータは、紙でも取っておいた方がいい」と言われていました。
紙や物なら、破けたり汚れたり破損したりしても、まだ実態が手元にある状態なので、そこからなら、なにかしらの手立てを講じることも出来るというもの。
でも、データは消えてしまえば、何も残らない。
この事態に、今更ながらIT奉行・ぱれっとさんのアドバイスを痛感しました。

神様、仏様、ぱれっと様…
どうぞ、おさかな通信をお守りください…(>人<)

ame03 月曜日の夕方、何事もなかったかのようにサーバーは復旧、おさかな通信の31.5件も、ひとつも欠ける事なく全て閲覧OKとなりました。

ここまで読んだみなさん、
「うぷさん、よかったですね。
 さぞかしホッとしたんでしょうね。」
と思ってますよね……。

サーバーが復旧した月曜日、うぷは再び、IT奉行・ぱれっとさんのアドバイスをかみしめていました…。
それは…

ここ数年分のスマホの中の写真データを、うっかり削除してしまいました…(◎_◎;;

もちろん、バックアップしないまま……_| ̄|〇

こっちの方は、復旧する見込みありません………>┼○

2017.03.04




 それでは
    また来週~(T^T)/~ 



  


Posted by うぷ at 21:27Comments(2)先週までのうぷ

2017年02月28日

~ネギラーメンの、ネギ増量~ (2017/2/26号)

.
hare03 まだ1回しか行った事がないけれど、もう1回行きたいラーメン屋さんがあります。

ネギラーメンがおいしかったので、またそれを食べようと思ってるのですが、その時はネギを増量する事に決めています。
こんな風に言ったら、
「あら? ネギラーメンなのに、あんまりネギ入ってなかったの?」
って思われちゃうかもしれませんが、安心して下さい。ネギはいっぱい入ってました。
にもかかわらず、なぜネギを増量したいのか!?
その訳は、単なる、うぷの好みです。

hare03 提供される量では満足できず、更にそのモノを追加する「追いパクチー」や「追いオリーブ(オイル)」とかありますから、さしずめ「追いネギ」と言ったところでしょうか。
でも、決して特別なサービスを求めている訳ではなく、トッピングメニューとして「コーン」や「メンマ」と並んで「ネギ」が表記されているので、注文する時に追加すればいいだけの事。
単価は 1皿 100円。
うぷとしては通常の3倍くらいあってもいいので、2皿分追加したい気持ち。
「えーっ!? 入れ過ぎじゃない?」
って思うかもしれませんが、白髪ネギに切ってあるので、スープの熱でしんなりすればさほどの量ではありません。
それに、お皿やお鍋が一面緑色になる程これでもか式に投入される「追いパクチー」に比べれば、白髪ネギの増量など、あって無きが如し。
おそらく写真に撮ったって、インスタ映えする程の華麗さは期待できないでしょう…。
よし、ネギの増量は 2皿分に決定で~す(^O^)/

とは言ったものの、うぷには気にかかる事があります。
それは、ラーメン屋さんのご主人の気持ち…。
ラーメン屋さんのご主人は、この、ネギラーメンにネギ増量の注文を、どんな気持ちで受け止めるのだろう…。

以前、あるお料理研究家のセミナーに参加した時、「おいしく作るコツは、レシピ通りに作る事です!」と言われた事があります。
レシピは、材料の切り方や調味料の量、加熱の火加減や時間など、何度も何度も試作を繰り返した末に、「これが最適!」と判断し決めたもの。
それを、「ある物でテキトーに作ろう!」と、ケチな根性でアレンジするから、本来のメニューとは別物になってしまうのです。
レシピに従って調理する事こそ、そのお料理をおいしく作るための、最良にして最短の道なのです。

と言う事は、このネギラーメンのネギも、ご主人いろいろな試行錯誤の末に定めた最適な量のはず。
ネギ2皿も増量して、そんなつもりはまったくないのですが、うぷってば、もしかしてご主人にケンカを売ってる!?
もしもご主人がお玉片手に、「オレのネギの量に文句があるのかっ!」と厨房から飛び出して来たら、一体どうすればいいのでしょう~(+。+;;

hare03 ってな事を妄想しつつ、今日はそのラーメン屋さんにやってきました。
ケンカを売るつもりはありませんが、それでも、ネギ2皿増量の決心はゆるぎません。

ここに来たのはまだ2度目なのですが、メニューなど見なくても、注文する品もセリフも決まっています。

「ネギラーメン。ネギ2皿・増量で!」

このセリフを決めれば、うぷ、食べる前からもう大満足でーす\(^o^)/

2017.02.26



それでは
    また来週~(^-^)/~


  


Posted by うぷ at 01:06Comments(12)先週までのうぷ

2017年02月19日

~お仏台~ (2017/2/19号)

.
hare03 昨年他界した母のお位牌は、今、うぷの家にあります。

家を建てる時、お仏壇を置く事をまったく想定していなかったので、四十九日を迎える頃、うぷはにわかに慌てました。
仏具店にお仏壇を見に行きましたが、どれもしっくり来ません。
それにしっくり来るのがあっても、想定外のお仏壇、一体どこに置いたらいいんだろう…。
いろいろ考えた末、リビングの隣にある和室がよかろうと思いました。
使ってない部屋だし、母も生前泊まった事があるし…。
そこで主人に「お仏壇、和室に置こうと思うんだけど」と提案したところ、
「なんで和室なの!? リビングに置いてあげなきゃ淋しいじゃない!」
なんと、実の娘の心の冷たさがにわかに露見する羽目に…(+_+;;

hare03 こうしてお位牌はリビングに置く事に決り、とりあえずカウンターに場所をしつらえました。
でも、肝心のお仏壇は決まらないまま…。
最近、優柔不断に磨きのかかったうぷ、なんだかこのまま決まらないような気がする…。
自分の事ならいいけれど、今回は母のお位牌の事。
一刻も早く、ゆっくりと落ち着ける場所に置いてあげたい。
お仏壇には、「〇〇がなくちゃいけない」「△△にしなければならい」といった、いくつかの条件みたいなものがあるようです。
そういう事、うぷは気にし始めるととことん気になっちゃうのですが、今回は母の菩提寺のご住職がおっしゃっていた、
「ご家族が自然に手を合わせる事が出来れば、そこがお仏壇なんですよ。」
との言葉だけを心にとどめ、以前、奇跡の収納棚*を作ってもらった家具職人・和久さんに相談、カウンターの一角に、お位牌を置く場所を作ってもらう事にしました。
(参照:奇跡の収納棚 ⇒ http://osakana.gunmablog.net/e373584.html

うぷが、家具職人・和久さんに最初に聞かれた事は、おそらく日本中のどの仏具屋さんへ行っても、お仏壇を買う時にわざわざそんな事は聞かないでしょう、というような事。
「お母様はどんな印象、どんな性格の方でしたか?」
収納棚の時と同じく、和久さんは母の事、うぷの想いを丁寧にヒアリング、そしてその材料を求めて、下仁田の材木屋さんまで出向いてくれました。

和久さんが母のために選んでくれたのは、木目の美しい一枚の欅(けやき)の板…。
その板は、古い欅の根元から切り出されたもので、一本の重い大木を支え続けた場所です。
複雑に曲線を描いた年輪が、その木の重さと、支え続けた年月を物語っていました。
和久さんは言いました。
「この木のように長い年月ご家族を支えて来たのだから、この板が、お母様に一番ふさわしいと思います」

hare03 先日、きれいに磨かれ、年輪もひときわくっきりと浮かびあがった板で、お位牌を置く場所が出来上がりました。
カウンターより高い位置にあるので、ちょうど写真の中の母と視線が合います。
それは、お仏壇とは言い難いので、「お仏台」と言ったところでしょうか…。

切り出された板は、その樹齢と同じ年月、使う事ができるそうです。
この板の、これらかの年月より、うぷたちは長生きは出来ないでしょう。
だらか、それはもう「永遠」という事…。
こうして、母のお位牌は、ようやく終のすみかに落ち着きました。

これから、母のお位牌とうぷの想いを支えてくれる事になるその板は、樹齢 80余年…。
母が生きたのと同じ年月です……。

2017.02.19




それでは
    また来週~(^-^)/~


  


Posted by うぷ at 23:31Comments(2)先週までのうぷ

2017年02月12日

~袖机戦線異状なし~ (2017/2/12号)

.
hare03 少し前の事ですが、会社で机の配置替えをしました。

それまでは、全ての机が入口の方を向いている銀行方式。
うぷは来客対応も担当してるので、一人だけカウンターのすぐ前に机が置かれていました。
右側はすぐに壁。
左側は共有スペースだけど、うぷが自由に使っていました。
この銀行方式だといろいろ不都合が出てきたため、机の配置を大きく変更し、普通の会社らしい向い合せ式にしました。

入社以来初めて、うぷにお向いさんとお隣りさんが出来ました(^艸^
でも、ずーっと壁…というかカウンターの背を見て仕事をしていたので、視線を上げた時そこに人間の顔があると、ミョーに気になってしかたありません。
うぷはお向いさんに気付かれないようにそーっとパソコンのディスプレイを移動して、結局、自ら壁を作ったのでした…σ(^_^;) 

hare03 IT化全盛となった昨今ですが、うぷの会社では、まだまだ紙が媒体の主流。
注文書・依頼書・各種回答・資料・カタログ、などなどなど…、うぷの机は常に紙があふれています。
あんまりいっぱいあるので、何がなんだかわからなくならないように、用件ごとにクリアファイルで分別、どの案件にも目が届くように机に並べておきます。
以前は共有スペースを使い放題だったのでそこに並べていたのですが、今は自分のデスク+袖(そで)机しかスペースがなく、忙しい時などはしっちゃかめっちゃかになる事もしばしば…(×_×;;2017.02.12-1

もっと、自分の領土がほしい…。
そこでうぷが目を付けたのが、お隣りさんになったM氏の袖机。
M氏は営業なので、日中は事務所にいません。
その主(あるじ)不在の時間帯、うぷはM氏の袖机を我がもののように使う事にしました。<図1>

午前10時、M氏が営業に出かけると、うぷはすかさずM氏の袖机に侵略を開始。
M氏の書類トレーを押し出し、自分のクリアファイルや資料をバーンと広げて
占拠・完了(^O^)v
以前と比べれば決して広くはありませんが、それでも充分に用は足り、とても助かってます。
夕方になると、M氏が帰って来る前に礼節をわきまえ全てを撤収。
でも、そんな毎日を続けているうちに、ふと、うぷの心に野望が芽生えてしまいました。
「M氏の袖机を、我がものにしたい…(-_☆)キラーン

占有時間の長さから言えばうぷが断然勝っているし、毎日、袖机の書類を片付けるのもなんだか面倒…。
M氏も、うぷが日中袖机を占拠している事はご存知で、時々、片付ける前にM氏が帰って来て、うぷが焦りながら「あっ、ごめん、すぐ片付けるね」と言うと、いつも「まだ、そのままでいいヨ」と寛大なおコトバ。
フフフフフ………2017.02.12-2
よし、その寛大さにつけ込み、袖机侵略作戦を実行に移そう(°ꈊ°)v
その日うぷは、袖机を片付ける時、自分の電話機の半分とセロテープを袖机に残し、M氏の書類トレーは半分だけ元に戻しました。<図2>

それから数日。
朝になるとM氏の書類トレーは袖机に全乗っけになっていますが、電話機とセロテープに関しては不問。
それどころか、うぷのセロテープを便利に使っている模様。

それから一週間後。
M氏は、なにやら資料が入ったダンボール箱を袖机に置き、そしてうぷに言いました。
「ごめん、ちょっと置かせて。」

それは、約2週間にわたる袖机侵略作戦の、うぷ・勝利の瞬間でしたp(^O^)q

hare03 それから数ヶ月…。
袖机の上は、今ではすっかりうぷの支配下。
朝から晩まで、自由に使わせてもらってます(^-^)v

今週も、袖机戦線異状な~し ∠('・ω・')

2017.02.12-3

        追記:
            その後M氏には、「袖机、このまま使わせてもらっていい?」とお願いして快く了解を頂き、
            晴れて袖机平和条約締結の運びとなりまた。



それでは
    また来週~(^-^)/~

  


Posted by うぷ at 22:59Comments(6)先週までのうぷ

2017年02月05日

臨時休刊  (2017/2/5)

.
2017.02.05



急用のため、
本日のさかな通信、臨時休刊致します。

せっかくお越し頂いたのに、ごめんなさい<(_ _)>

コメント欄は営業しております。
ご自由にお書き込み下さい。

「オーナーへのメッセージ」も解放しています。
ブログを通らず、うぷに直接メールが届きますので、
コメントが苦手の方はご利用下さい。 

またのお越しをお待ちしております<(_ _)>



それでは
  また来週~(^-^)/~
  


Posted by うぷ at 11:49Comments(2)お知らせ

2017年01月30日

~プロメテウスの贈り物~ (2017/1/29号)

.
ame03 先週から本格的に給湯器が壊れてしまい、うぷんちでは今、お湯が出ません(×_×;;
食器は水で洗い、お風呂は毎晩、最寄りの日帰り温泉に行っています。
修理をお願いしたけれど、もう18年モノの給湯器なので予想通り交換部品はすでになく、買い替えをすすめられました。
いえ正確には、すすめられたのではなく、もうそれしか選択肢がない状態(-”-; 
有無を言わさず、買い替え街道をまっしぐらに走らされております(@_@;

壊れた後の選択肢は「買い替え」の1本しかないのですが、買い替えする事にした後の選択肢は実に色々ありまして、大別すると、
 
 ① このまま給湯器だけを入れ替える。
 ② これを機に、エコキュートにする。(今はプロパンガス)
 ③ 給湯器だけじゃなく、ガスレンジもIHにする。

費用が一番かからないのは①だけど、長い目で見ると②のエコキュートが望ましい。
でもそれなら、レンジのためだけにプロパンガスを残しておくのもどうかと思うので、これを機会にオール電化を目指して③を選んだ方が賢明であろうか…。
決断する事が大の苦手とするうぷ、今、果てしない迷宮の中をさまよっています(@_@;

ame03 IHの機能は以前と比べものにならにくらい良くなってきてるし、IH用の調理器具も多彩。
なにより、火を使わないのでうぷのようなうっかり者には、IHは超・安心。
けれども昭和のオンナ・うぷは、どうしても、IHに身をゆだにる気にはなれないのです。

2017.01.29ガスレンジに灯る、青くゆらめく炎…。
弱火にすれば、露草のような小さくひそやかな炎となって、お鍋の煮物をコトコト優しく温めてくれる…。
強火にすれば、りんどうのような凛とした炎となって、フライパンのお肉を力強く熱っしてくれる…。

首を傾け火加減を見る主婦の仕草の、なんと美しい事でしょう✨
このままオール電化が進み、次々とガスレンジがIHになっていったら、いつの日かニッポンのお台所から、この美しいシルエットは絶滅してしまうかも…。
でも………。

hare03 プロメテウスとは、ギリシア神話に出てくる神様の一人です。
人間に関係する色々なエピソードを持つ神様なのですが、そのひとつに、人間に”火”をもたらしたのがプロメテウスだと言われています。
その昔、”火”は神々しか使用する権利を持たなかったのですが、厳しい自然の中に生きる人間のために、プロメテウスがこっそり”火”を盗み出し与えてくれたのだそうです。
そのおかげで人間は、暖をとったり煮炊きが出来るようになったとか…。
けれども、神々の怒りをかったプロメテウスは、山の頂上に磔にされ、毎日、大鷲に肝臓を食べられちゃう、という罰を受けます。
プロメテウスは神様なので不死身なものですから、食べられちゃった肝臓は朝には再生されてしまうので、この罰は実に三千年も続いたとか…。
我が身をかえりみず人間に”火”を与えてくれたプロメテウス。
ここで我が家をオール電化にしゃちゃったら、なんだか彼に顔向けできません。

ガスレンジの青くゆらめく炎は、プロメテウスの贈り物✨
色々迷ったけれど給湯器の買い替えは、このすばらしい贈り物をくれたプロメテウスに敬意を表して、「① このまま給湯器だけを入れ替える。」を選択する事にしました。

これでようやく一件落着~\(^O^)/
すぐに工事に着手してもらいましょう。
給湯器の入れ替えが済んだら、久しぶりに我が家のお風呂にゆっくりつかろう~(^-^)
それからガスレンジで肝臓(レバー)でも炒めて、プロメテウスに乾杯するかな~♡

P.S.
本当は、予算がないので、①以外に選択肢はありませんでした…f(^。^;;
でも、プロメテウスにはナイショにしておいて下さいね…<(_ _)>


 それでは
    また来週~(^-^)/~ 
  


Posted by うぷ at 00:39Comments(11)先週までのうぷ

2017年01月22日

~コップ半分の水~ (2017/1/22号)

.
hare03 ゴップ半分の水。
「まだ、半分もある!」
「もう、半分しかない…」
  
プラス思考かマイナス思考かについてよく使われる例え話です。
みなさんはどちらですか?

ぐーたらを生業(なりわい)にしているので、うぷは極めてプラス思考(^-^)v
おそらく、残り 1/4 になっても、
「1/4かぁ…、まぁ、まだ大丈夫でしょう(^。^;;」
と、ポジティブ・シンキングを自負しているハズなんですが………。

ame03 12月の中頃、仕事中に立ったままパソコンの画面を覗きこんだら、ちょっと腰に痛みが走りました。
「あっ、やばっ!」
と思ったうぷは、その夜から市販の湿布を貼り、姿勢や動作に気を付けて過ごしました。
その効果なのかどうなのか、腰の痛みは、良くはならないけど悪くもならないままに年が明けました。
ところが、お正月休みが終わり5日・6日の2日間会社に行ったら、突如痛みが悪化、その週末は文字通り身動きできず、休日診察しているお医者に駆け込むハメに…(+_+;;

ぐーたらだけどやらなきゃならない事が無いワケではないので、意に反して体が動かなくなって、困った困ったさぁ大変のうぷ…(-_-#

そして災難は、このタイミングを見透かしたように訪れました…(×_×;;
・リビングのエアコン、不調なり
・お風呂の追い炊き機能、故障なり
・LEDに替えようと思っていた照明器具が構造上の問題から、交換不能なり
さらに追い打ちをかけるように、仕事では通常では考えられないような不測の事態が毎日のように起こり、プライベートでも色々な事がうまく回らず、そうかと思えば大きく空回り…。

こうなると、うぷはひどく自虐的になり、考え過ぎのスパイラルを底へ底へと駆け下りてしまう傾向にあります。

さっきまでまだ半分もあったコップの水は、
「あぁ!もう半分しかないーーー(>_<;)・゚゚・。」となり、
空っぽの上半分を惜しむばかり。
凹んでるお気楽主婦なんて、皮のないメロンパン以下!
書いた文章も、読み返してみると、
「誰だって、いい時もあれば悪い時もあるりますよ」とか
「うぷさん、元気を出して~!」とかの、はげましコメントを誘っているようで、
なんだかあざとくて、やな感じッ(-_-#

どうしてうまくいかないの?
なんでこうなるの?
2017.01.22
もがけどももがけども、腰が痛くて考え過ぎの沼の底から抜け出せないよ~(T_T)

ame03 いつになくネガティブ・シンキングなうぷ…(+_+;;
お気楽主婦とは言え、うぷにだってこんな時はあるけど、
このブログ、読んで楽しいおさかな通信じゃなかったの!?

あ~ん……
いっその事、コップ半分の水なんて、グイっと飲んじゃおっかなぁ~(=_=;;

…と、うぷは今週、のたうちまわっております…(+_+;;



 それでは
    また来週~(T^T)/~   


Posted by うぷ at 23:37Comments(4)先週までのうぷ

2017年01月16日

~長文化傾向~ (2017/1/15号)

.
hare03 おさかな通信、読者のみなさん。
どうぞ今年も、おさかな通信とうぷの事、よろしくお願いします<(_ _)>

今回は、今年最初のおさかな通信なので、まず最初に、一年の目標とか抱負とか所信表明とかするのがふさわしかろうと思いまして、今年のおさかな通信の目標を、ちょっと模索したいと思います(o^-')b

ame03 以前からうすうす感じてはいましたが、最近のおさかな通信、やたら長文化してると思いませんか?

うぷの目下の悩み。
それは、ブログの長文化傾向(-_-;;
意図して長い文章を書いている訳ではないのですが、思ったり感じたりした事を、より正確にみなさんにお伝えしたいと考えて試行錯誤をしていると、いつの間にやら文章が長~くなってしまうのです。
なるべく簡素に、なるべく短く…と思ってはいるのですが、的確な言葉や明瞭な表現を探して、そう広くない頭の中を隅から隅まで探し回わり、あちこちほじくって叩いて引っくり返すのですが、ぴったりの言葉はなかなか見つかりません。
すると文章は必然的に説明調になり、結果、ひたすらまわりくどい長い文章となってしまうのです(T_T)
けれども、石原さとみのようなかわいくて有能な校閲ガール(←もう古い?)が身近にいるワケではないので、書いた本人が校閲している以上、表現にしても長さにしても今以上によくなる可能性はほとんど皆無なのが現状(T^T)

先日、とあるイベントに参加した時、おさかな通信の読者の方数名にお目にかかりました。
「読んでますヨ」「楽しみにしています」と、ブロガーのハートにドキュンなお言葉を頂きましたが、同時に、アップ時間が遅い事と、文章が長い事を心配して頂きました。
おさかな通信は『来てわかりやすく、読んで楽しい』がモットー。
いくら楽しんでいただいても、同時に心配もさせていたのなら、それはうぷの望む所ではありません。

hare03 どうやら、文章が長くていい事などほとんどない模様。
とすれば、今年のおさかな通信の目標は、
ジャン!
『短く、楽しく』

長文化傾向を改善する有効な手立ては、実の所なーんも思いつきはしませんが、今年は『短く、楽しく』を念頭に置き、おさかな通信をアップしていけたらな、と思います。

でも、「短く」にしても「楽しく」にしても、具体的目標があった方がいいかもしれませんね。

では、「短く」の方は、原稿用紙3枚分まで~(^o^)/

そして、「楽しく」の方は……
       そうですね、みなさんが決めてくれればいいかな~(^-^)

2017.01.15



 それでは
    また来週~(^-^)/~ 

  


Posted by うぷ at 00:55Comments(6)先週までのうぷ